「フックアップ(Hook up)」って言葉について考えさせられたMVだった件

Youtube紹介
スポンサーリンク

こんにちは、雄介です。
LGBT関連の音楽を紹介していた事もあって、今でもアーティストさんからメッセージを頂いたり新曲情報をいただきます。

今回はこちらのMVをご紹介。

Wils – Empty (Official Video)

Wils – Empty (Official Video)

もちろん、今回も先に作品を見ちゃってから、自分の感想を読んでいてただいてもOK!
前回の紹介とはちがうニュアンスのサムネイルですね。

まずはちょっとしたメッセージを…

「Empty」はフックアップ文化の寂しさについてです。
周囲の文化が、意味のあるつながりを持たずに
カジュアルなフックアップを重視しているときに、
愛を探すのが一番大変なこと…
時として、私たちが直面しなければならない最大の課題は、
自分自身との内面的な葛藤なのです。
「Empty」は、自分自身の中ではなく、自分自身の外で愛を探しているときに、
その孤独に直面することについてです。

と、Youtubeの説明を日本語にこんな感じかなと訳してみました。

フックアップ文化とは

カジュアルなセックスの例を意味する
「フックアップ」という用語を用いた文化で
カジュアルなセックスを含め出会いであったり
交際のない性だったりします。
主にアメリカで広く使用されています。

特にゲイの男性の間でフックアップ文化は形成されています。

とは言え、日本でもこの文化はもちろん存在していると

イケメン同士が早速…

きっと「フックアップ」な関係性のお二人なんだと思います。
両方ヒゲのイケメンですね。

個人的にはヒゲ好きなのでテンションがあがります。

そして…

ふと感じる孤独感かな?

心に虚しさがあるのでしょうか…
でも、個人的にこのルックスだったら様々なスタンスの恋愛とかできそうな気がするんですがね…

見つめ合い近づくが…どことなく…

うーん、どことなくせつない。

やはりこれは、「フックアップ」な関係性なんだと
ビンビン感じる映像です。

抱き合っているのにせつない。

内面的な葛藤。というのもわかる気がします。

その場から去っていく相手。

ずっと自分の隣には入れない人なんだね。
ってとてもせつなそうな表情を魅せていますね。

この感覚。「フックアップ」な関係性ならわかる気がする。

抱き合うけれど…

本当に悲しそうな表情。

でもわかる。

「フックアップ」って言葉で表すと
カジュアルなセックスだったり交際のない性だったりするから
イメージが様々だと思うんです。

その中には、望んで「フックアップ」の関係性になっていない同士もいたり
片方は長期的なパートナーを見つける手段として考えてるのに気づけば「フックアップ」な関係性な人ばかり…

うーむ。深い。

去ったりくっつたり

The・葛藤ですね。

当人たちが幸せであれば良いんですが。

愛がどこにあるか探すのが本当に大変ですね。

どんな意図で「フックアップ」の関係性だったとして
その関係性に愛があるのか。どういう感情なのかなど
考えてしまうことがたくさんありそう。

歌詞の中でこういうふうに言っている部分もあるんです。

自分がここで何をしているか…
自分の考えを見つけました…

フックアップカルチャーの中にいた(いる)自分なりの考え。

さ、どんな結末なんでしょうね。

改めて動画を見てみてくださいませ♪

今回のミュージックビデオはこちら

最初にリンクは張ったのですが、戻るの面倒でしたらって事で!

Wils – Empty (Official Video)

WilsさんのInformation

この曲は…Spotifyで聞けます♪

Empty
Wils · Single · 2019 · 1 songs.

Instagramはこちら

https://www.instagram.com/heywils/

最後に

いかがでしたか。
サムネに釣られて見たらせつなすぎるミュージックビデオでした。
曲調もね…。

確かにですよね。
また、つぶやきたいと思います。

ありがとうございました。

この記事を書いたひと
雄介

ゲイ・1982年の東京都墨田区で生まれる。血液型はO型。星座は蠍座

デザイン・Web運営が主な業種。最近はイベント運営もスタート。また、表現活動も意欲的に挑戦してます☆俳優業(portrait(s)/梶原大幹役)、作詞家、モデルなどでも活躍中。カウンセラーもやってます。
様々なオファーもお待ちしております。お気軽にご相談下さい。

雄介をフォローする
Youtube紹介特集
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雄介をフォローする
YAG
タイトルとURLをコピーしました